主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 出産時のマナー

スポンサードリンク

出産時のマナー

お見舞いのマナー

赤ちゃん

知り合いや友人に赤ちゃんが生まれたと聞けば、
すぐに見に行きたくなるものです。

しかし、出産当日や翌日に見舞うのはごく親しい間柄に限られます。
とても親しい関係で、出産前に産婦と約束ができているのならば、
かけつけても構わないでしょう。

しかし、産婦は元気そうに見えても非常に疲れていますから、
面会時間は20?30分を限度に引き上げるようにしましょう。
常識的には家族以外の人の出産お見舞いは3?4日目からにします。

1週間目くらいが落ち着いてよいのですが、
通常は1週間前後で退院していることが多くあります。

逆に1週間以上入院しているということは、なんらかの事情が
あるかもしれなせんので確認しておかなければいけません。

また退院後は、実家に帰ることが多いので、相手の都合を伺って
おきましょう。初産の人は何かと心もとないので、
ママとしての先輩からのアドバイスや手助けは、
なによりのお見舞いです。

また、出産お見舞いは肉親以外の男性や子供は遠慮するのがマナーです。
肉親であっても産婦人科にはほかの女性もたくさんいるので、
大きな声で話さないなど面会時間を守るなどに注意します。

出産は非常にプライベートなことです。
出産前は赤ちゃんが産まれる期待と幸せに包まれていますので
「生まれたらすぐ見に来てね!」などというやりとりがあるかもしれません

しかし、実際の出産というのは思っていた以上に大変な仕事で、
体力も消耗し気分がすぐれないということもあります。

近所の人や友人などが、お見舞いに行きたい気持ちは分かりますが、
まずは本人やごく親しい人に連絡を取ってみましょう。

今は自由にメールも見られる時代ですので、まずはメールで様子を
聞いてみてはいかがでしょうか。どの出産もすべて思い通りに
うまくいくとは限らないのが実情です。

赤ちゃんが無事に生まれたのか、健康なのか、母胎は大丈夫なのか、
周りが大喜びできる状態なのかを、まず確認しなければなりません。

私の経験ですが、一人目の子供が生まれてしばらくして、
体が落ち着いたところでロビーの公衆電話を使おうとしました。
私の前で電話を使っていた男性は、悲壮な面持ちで赤ちゃん用の棺桶が
作れないかどうかを相談しているところでした。

もし、親しい友人がとてもがんばって健康な赤ちゃんを生んだとしても、
産婦人科にいるのは健康に赤ちゃんを産める人ばかりではありません。
病気治療の人もいれば、残念ながら悲しみにくれている人もいるのです。

一般常識では、産婦人科=幸せのイメージがあるのかもしれませんが
必ずしもそうでは無いことを知っておいてください。
また、メールでも本人や御家族と連絡が取れないこともあります。
そういうときは、産婦人科の受付に問い合わせてみても構いません。

正直に、「○○さんの友人で、出産のお見舞いに伺いたいのですが、
面会時間をお聞きしたい」と問い合わせてみれば、
もしも会えるような状態でないときは病院の方がやんわり伝えてくれます。

そのときに、産婦の健康状態や、赤ちゃんの性別などを
聞いてみても構いません。丁寧に応対してくれる産婦人科というのは、
また自分や周りの人が利用するときのリサーチにもなります。

私の場合、二人の子供を産みましたが、いずれも産んでからすぐの方が、
まだ気分が張りつめていて、人に会うのには状態が安定していました。

たいていの場合、産後は1週間程度入院するのですが、
オムツ替え、授乳、お風呂などに日を追うごとにしなければならない
赤ちゃんのお世話が増えて疲労がたまっていきます。

少しでも寝たいときに人が来ると、だんだんストレスが溜まって
いくのです。また、当然化粧や着替えなどをする余裕もありませんから、
どんなに親しい友達でも会いたくない場合もあります。

特にすでに子供を産んだ経験者の場合、自分の場合は・・・
と比較しがちですが、感情の波は人それぞれですので、
自分のときの状況を語りすぎることは控えましょう。

相手がアドバイスを求めているのなら、手助けをしてあげれば
いいと思います。

出産お見舞いの言葉

赤ちゃんと母親

赤ちゃんが産まれてくるまでの期待と不安、そして辛かった
陣痛の痛みを乗り越えて、我が子に対面出来た時の産婦の感激は
ひとしおです。人生で1番美しいときだとも言われます。
心からその労をねぎらい、出産をお祝いしましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ顔立ちもはっきりせず、
性別さえも分からないこともあるでしょう。

しかし、御家族にとってはなによりも子供を誉められるのが
うれしいことです。相手も社交辞令とわかっていますので、
まずはほめ言葉を選びましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんをみて、性別が分からないときがあります。
なんていってあげたらよいのか分からずに、あいまいな態度をするよりは
まずは「かわいい赤ちゃんね」と生まれてきた喜びを表してほめましょう
男の子なのか女の子なのかという前情報を仕入れておくことも大事です。

産婦人科では、面会時間内であれば、廊下から新生児室の様子を
見せていることもあります。

また、写真などで生まれた赤ちゃんの情報を張り出されている
ところもあります。ナースステーションに聞いてみても構いません。

しかし、それはあくまでも自分で仕入れた前情報ですので、
いきなり「かわいい男の子ね」などというのではなく、
できれば、母親の方から性別を報告する喜びも残しておいてあげましょう

知り合いなどに外で出会ったときに、抱っこされている赤ちゃんが、
男の子か女の子か分からないときがあります。
お母さんにはっきり聞いても失礼ではありませんが、
女の子なのに髪の毛が薄かったあり、男の子でも赤い服を着ていることも
ありますので、尋ね方を工夫した方が良いでしょう。

「優しい顔立ちをした赤ちゃんね」「しっかりと大きく育っているわね」
などと声をかけるのがまずは無難でしょう。

赤ちゃんを中心に会話する時は笑顔を絶やさないようにしておきましょう。

お祝い言葉の参考例

出産祝いの言葉

新しい家族を迎えた喜びを察し、明るい言葉を選びましょう。
育児の大変さなど、これから先が不安になるようなことは言いません。
母子共に、健やかであるようにお祈りの気持ちを込めましょう。

もし赤ちゃんに名前がついていなければ
「お子様」「赤ちゃん」と呼びます。使ってはいけない言葉に、
「切る」「崩れる」「死ぬ」「絶える」「流れる」「なくなる」
などがあります。

御出産おめでとう。本当によかったわね。あなたも無事でなによりです。
痛みに耐えてよく頑張りましたね。赤ちゃんは大きいし
大変だったでしょう

でも大きな赤ちゃんは育てるのが楽よ。これから赤ちゃんの話を
いっぱいしていきましょうね。困ったことがあったらいつでも相談してね
待望の赤ちゃん誕生でご家族がどんなに大喜びでしょう。

これから、ますますにぎやかになりますね。子供好きの御主人さまが、
どんなにお喜びでしょう。こんなに皆さんに、まってもらって
誕生された赤ちゃんとてもは幸せですね。本当に心からお祝いいたします

このたびは奥様に無事元気なお子様をご出産のこと、
心からお喜び申しあげます。赤ちゃんも奥様もお健やかと伺いました。
このうえは、お子様の健やかなく成長をお祈り申しあげます。

待望のベビーの誕生おめでとう。
あなたに似て、目鼻立ちの整ったかわいい赤ちゃんだと聞きました。
御主人の喜びようにこちらまで幸せな気持ちになりました。
あなたと赤ちゃんのご健康をお祈りしています。

出産祝いを贈る時期

出産祝い

一般的には、お七夜を過ぎてからが、ちょうど良い時期です。
母子共に何も問題がなければ1週間ほどで産院を退院します。
家に帰って落ち着いた頃に贈るのがよいとされています。

品物をデパートなどから配送する場合は、必ず送り状を出しますが、
この時にお祝いの言葉を添えると心がこもります。
また出産前に、その人の希望聞いてお祝いの品を贈る人もいます。
母親と言うのは、出産に不安を抱きながらも、我が子だけは無事に
元気に産まれてくると信じて妊婦の期間を過ごします。

現実に、小さく生まれてしまった赤ちゃんでも現代の医学の進歩により、
昔なら到底育たないと言われていても、命を取り止めるケースが
増えてきました。

そのために、基本的にはいくら親しい友人であっても、
身内以外は出産後にした方が無難です。赤ちゃんが育たなかったのに、
かわいい贈り物だけが残ってしまうというのは、ご両親にとって
どれほど辛いことだと思われるからです。

順調に育っていけば、落ち着いた頃に赤ちゃんと言うのは
どんどん可愛くなってきますので、赤ちゃんの顔を見てから
お祝いの品を準備しても十分に間に合います。

「お祝いしたい」という気持ちを伝えてから、品物を準備するのが
よいのではないでしょうか。

また、実際に家に戻って子育てのベースが整ってきた頃に必要になる
赤ちゃんグッズがでてきます。かわいらしいお洋服などを選ぶのは、
とてもわくわくするのですが、相手の好みもありますし、
もうすでにいただいてしまっている場合もあります。

必要なものがないか一度相手に聞いてみてもいいのではないでしょうか。
よそ行きのドレスや靴などは重なりやすい贈り物です。

こちらとしては「せっかく贈るのですから記念になるものを」と
思うのですが、今の住宅事情では記念になるものをたくさん頂いても
迷惑になることもあります。

正直わたしの二人目の子のときなどは、上の子のおさがりや
代用品などで済ませてきましたので、おむつやミルクなど実用品を
頂く方がありがたく思いました。味気がないのですが、親しい間柄ほど、
本当に必要なものを差し上げた方が喜ばれるかもしれません。

出産祝いのお返し

出産祝いのお返し

出産祝いをいただいたら、まずすぐにお礼状を書いておきます。
あとで品物でのお返しをしない場合でも必ず出しておくのが礼儀です。
カードなど封書で出すのが丁寧ですが葉書でもかまいません。
電話は略式です。

出産祝いのお返しは、いついただいたものでも、
まとめてお宮参りの前後で構いません。
紅白のお砂糖やバームクーヘンなどの祝い菓子、石鹸、鰹節など、
おめでたい品が良いでしょう。

出産祝いの赤ちゃんの名前で「内祝」と記し、紅白の蝶結びの
水引をかけます。品物といっしょにお礼状や赤ちゃんの写真を添えると
喜ばれますお返しの品は目上の方にはお祝いの半額程度のもの、
年下の方の場合は半額より多めに返すのが一般的です。

しかし、さほど金額にこだわらず、記念になるものを一律に
お返ししても構いません。

また職場などから連名でお祝いを頂いたときは、大勢で食べられる
お菓子などをお返しします。

また、お礼の挨拶には、自分のうれしさばかりではなく、
夫婦や家族の喜びとしてお礼の言葉を伝えましょう。
また足を運んでくださったことへの感謝の言葉を忘れないように
しましょう。

必ずしも1カ月でお宮参りをするとは限らないので、
出産後1カ月程度を、目安としておけば間違いありません。
デパートにいけば、贈答品専用のコーナーがあり、相談にのって
もらえます。

お返しの数が少ない時には、同じお菓子などで揃えることもありますが、
お返しの数が多いのならば、いただいた人との関係や金額に合わせて、
お返しの品の内容も検討したほうがよいでしょう。

また、内祝で名前入りの品物を頂くことがありますが、よほど親しい
間柄でない限り、処分に困ってしまうこともあります。

赤ちゃんの誕生は自分たち夫婦だけでなく家族の喜びですので、
自分の親や主人の親の意見も聞かなければなりません。

よく自分たちの子供のことだからと親の意見をそっちのけにしていると
トラブルが起きます。

親御さんの友人もまた、あなたたちのお子様の誕生を心待ちにして
くださったということもあるでしょう。家族が増えるということは、
自分たちだけの問題ではないということを分かってなければいけません。

ただでさえ慣れない子育てが始まって大変な時期なのですから、
頼れる周囲の人間を上手に使っていきましょう。

退院するときのマナー

赤ちゃん

無事に出産が済み、赤ちゃんが家に帰っても順調に育つと判断されたら
退院の運びとなります。

出産は周囲の方の心配と心遣いのなかで無事に終了したのですから、
関係者へのお礼はきちんと済ませ、今後のこともよく協力を
お願いしましょう。

関係者の中でも、特に産婦人科は妊娠と分かったときから
長くお世話になったところです。また退院後の心配のいろいろや
体の不具合、健診などこれからもお世話になるところでもあります。
退院の際には、助産婦や看護婦さんにお礼をするのが一般的です。

赤飯、紅白の祝い菓子、せっけんなど、めでたいもの、
またハンカチやタオルなどを送ることもあります。

現金を包む場合もありますが、公立病院では決まった料金以外のお礼を
受け取ることを禁止しているところもあります。同じ病院で出産された
お知り合いがいれば、どのようにされたか聞いてみてもいいでしょう。

いずれにせよ気持ちの良い態度で挨拶を済ませ、
病室をきれいにしてから出るのかマナーです。

実際のところ、金額のお礼はしないことの方が多いようです。
決まった料金を以外は受け取らないと決まっている病院もありますし、
現金でなくても商品券などを包むこともあります。

現金を渡したところで、正当な入院治療費はお支払いするわけですし、
お医者さんも仕事ですので、生まれ方に差があるわけではありません。

しかし、何らかの形でお世話になったことを表したいと言うのは
気持ちの問題ですので、今後のおつき合いのためにも
快くしておきたいものです。

お礼の慣習や相場は、地方や産婦人科の規模によっていろいろですので、
同じ病院で生んだ友達や先に退院する人に聞いてみるのも良いでしょう。

私の場合、主人の実家が産婦人科と遠かったので、
義母がまずは駆け付けてくれたときに、実家の地方のお菓子を
付け届けてくれました。

そういうのは気持ちの部分ですので「実家の名産ですが・・・」などと
一言付け加えて、お渡しするとスマートです。

また、退院時には、あなたの入院中に心配をかけた周囲の方に
きちんとお礼を言います。まずは大事なご主人に一人で家のことを
頑張ったお礼を伝えましょう。

退院したら二人で努力をしようね、誓いあっておきましょう。
また実家のお母さんや御主人のご両親には、
今後、見方になってもらわなければいけません。

退院前後はあわただしくすることがたくさんありますので、
退院前に時間を見つけて手紙にしておくと、あちらの感激もひとしおで、
あなたの気持ちがよく伝わるかもしれません。

特殊な場合のお祝いの仕方

双子の赤ちゃん

友達や知り合いなどの出産後に、親族の不幸があることもあります。
不幸があった場合は、そちらを優先します。葬儀があった場合、
その親族は四十九日までが忌中となり、悲しみに暮れているでしょうし
またとても忙しく過ごされていることと思います。

出産は心から喜んであげる気持ちの方が大事なので、
親しい間柄であれば、ご不幸があった悲しみの気持ちと喜びの気持ちを
十分に理解してあげることが大事です。

赤ちゃんは今後成長していくのですから、出産祝いをずらしましょう。
1歳の誕生日に「あの時はご不幸があったので遅くなりました」と
伝えてお渡ししても失礼ではありません。


<2人目、3人目のお子様の場合>
歳を空けず、2人目、3人目の出産をする人もいます。
赤ちゃんにとってはかわいそうなのですが、親しい間柄と言え
他人の子供に、続けて同じだけの金額のお祝いをするのは大変なことです

お母さんの方もお祝い返しなどの大変さも十分知っているでしょうし、
お祝いを断ってくる場合もあるでしょう。

あくまで、相手の関係と自分のそのときにできる状況は
人それぞれでしょうが、基本的には、初めてのお子様に贈った金額より
簡単に済ませても構いません。


<双子が生まれた場合>
贈り物とは、お祝いをする気持ちを品物に変えたものなので、
単純に金額を倍にすればいいというものでもありません。
しかし、洋服やおもちゃなど子供が二人いるのに一人分の品物では
気遣いが足りず失礼になります。

もしも二人分の品物を用意することができなければ、現金にした方が
簡単かも知れません。たいてい双子の場合あらかじめ分かっている
ことがあります。

洋服や、肌着など、普通のお子さんを出産する時より余分に
用意しなければならないので、実際に必要なものがないがお伺いして
みてもいいのではないでしょうか。

実家に帰省している人へのお祝い

実家に帰省中

友人などが出産のために、実家へ戻っていることもあります。
「出産後どのくらい実家に滞在するのか」あらかじめ聞いておいた方が
良いでしょう。

しかし産後の体調によっては、予定より長引くこともあります。
落ち着いた頃に電話などを入れて、直接本人の様子を確認してみるのが
良いのですが、どうしても、お祝いを渡しておかないと
あなたの気がすまないのなら、実家に送り届けても構いません。

しかし、品物の場合実際には家で使うためのものを贈ることが
多いでしょうから、生活している家に帰ってきてから、
手渡してあげるほうが良いと思います。

たとえそれでお祝いが遅くなったとしても、直接気持ちを
伝えることの方が大切です。

出産祝いを辞退する

出産祝い

お祝いのお返しはけっこう面倒なものですし、自分のやり方として、
贈り物を辞退しても構いません。

日本では贈答の週間の多い国ですから、贈り物をいただいたら
お返しをしなければなりません。若い人の中にはわずらわしい慣習を
嫌う傾向もありますし、友達同士で気持ちが通じ合っているならば
無駄なやりとりをやめようという約束をしておいてもいいのでは
ないでしょうか。

しかし自分のために用意してくださった品物を突き返してしまう
ような失礼はせず、お祝いしてあげたいという相手の気持ちも
くんで素直に受け取りましょう。

親しくない人からの現金の贈り物は、正直にお断りしても
構わないでしょう。

また、自分はお祝いを受け取ることを断ったのに、
グループで贈るなど出さなければいけない場合もあるでしょう。
贈り物は相手からの見返りを考えていては成り立たず、
気持ちの問題だと割り切り、その場での人間関係を丸く収める
解決方法だと思ってください。

親しくない親戚の出産

他人

あったこともない夫の親戚の奥さんだとか、会社関係の方だとか、
人間関係の幅と言うのは、自分自身だけでなく結婚するといろいろ
広がるものです。

どこまで付き合うかはとても難しくて微妙な問題ですが、
とにかく御主人とよく相談しましょう。

御主人ご本人があまり付き合いに関心が無い関係なのならば、
無理して必要はなく、相手もいただいたことに戸惑うかもしれません。

しかし小さい頃にはよく遊んだいとこなどは、
いずれ親戚付き合いの中でおつきあいが復活することもあります。
相手が負担にならない程度のものを贈り、今後のおつきあいを
よろしくお願いしたいという、こちらの気持ちを伝える
よいきっかけでもあります。

親戚付き合いで、もし迷ったときは親や兄弟などに
正直に相談して合同で贈ってもいいでしょう。

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved