主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > お歳暮、お中元

スポンサードリンク

お歳暮、お中元

お中元の意味

お中元

中元とは、暦上の区切りを表わしています。


<上元>
中国の旧暦で、1月15日のこと。この日に小豆粥を食べると、
その年の厄が避けられると言われています。

<中元>
中国の旧暦で、7月15日のこと。半年間を無事に暮らせたことを祝い、
祖先の霊を供養する日です。

日本に伝わり、祖先の霊を供養することが、
両親に食べ物を送る儀礼に変わり、この習慣が目上の人やお世話に
なった人に贈り物をする「お中元」に変化したと言われています。

<下元>
中国の旧暦で、10月15日のこと。もともと古代の中国では、
先祖の霊をまつる行事でしたが、後に災厄を逃れるように
祈る日と変わってきました。

日本にはこの行事は伝わりませんでしたが、この日を中心として
収穫を感謝する各地の収穫祭に結びついていると言われています。

いわゆるお中元といえば、中元の頃に行われる贈答のしきたり
のことを意味します。日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを
表すものとして生活の中に強く定着しています。

近頃ではお中元をただの虚礼として、敬遠する人もいるようですが、
本来の意味からすれば、単なる品物のやりとりではなく、
送る相手や品物選びに心を込めるものです。

お中元を送る時期は、関東では7月、関西では8月と土地によって
違いがあります。この時期に遅れた場合には、暑中見舞として
送ればよいでしょう。

本来ならば直接持参するべきですが、デパートなどから
宅配するケースが多くなっています。

お歳暮の意味

お歳暮

お歳暮とは、お中元に対して年末に行われる贈答の行事とされていますが、
もともとの意味は新しい年を迎えるにあたり、年神様さまに備えるための
ものを持ち寄ったのが始まりです。

1年間の締めくくりとして、お中元よりもお歳暮のほう重視する
傾向があります。お歳暮には、次の年への付き合いを引き続きお願いする
意味も込められているからです。

正月準備にとりかかる12月13日ごろに送られていましたが、
最近ではやや早く済ます傾向があり、12月の初旬には準備が
始められます。

お正月の準備のたしになるものとして、食料品選ぶことが多いようですが
家族構成や暮らしぶり、お好みなどを考えて喜ばれるものを
送りたいものです。

多忙な時期なので、直接訪問することは迷惑になることもあります。
デパートから届ける方法が一般的ですが、親元や仲人など、
特にお世話になった方にはできるだけ持参し、一年お世話になった
御挨拶をしましょう。

贈答品が届いたら

贈答品

主婦の場合、主婦仲間でお中元やお歳暮のやりとりを
することはあまりなく、ご主人の会社関係や、親戚付き合いのなかで
しなければならないことがほとんどです。

ご主人が会社で受け取ってきた場合は会社での通例に従います。
しかし会社関係の方から自宅に届くときがあります。

基本的には会社に報告の義務はありませんので個人的に対処しましょう。
たいてい、デパートなどから届いて、受け取るのは主婦の仕事なので、
中には受け取ってはいけない場合もあります。

見知らぬ人からのお届け物は、すぐに中身を開けることなく
家族に相談しましょう。

また、やむをえず返送する場合もあります。
お詫びの手紙を添えますが、相手の気持ちを損ねないように
配慮した文章をつくります

贈答品を送る相手

贈答品

ご主人の仕事の関係者や親戚など、お世話になった方は沢山います。
しかし高額な商品を数多く贈る事は、経済的にもかなり負担が
かかるものです。

お中元お歳暮は儀礼的なものですので、習慣にしてしまうと
後々とても止めにくいものです。若い世代の中には、無意味な贈答は
控える傾向にあり、本当にお世話になったときや感謝したときに、
そのつどお礼として気持ちを伝える方がいまどきの方法なのかも
しれません。

しかし、年配の世代に対して、儀礼的にしておかなければいけない
間柄と言うのもあります。儀礼の態度は伝わってしまいますので、
心をこめてその人に合うものを選ぶようにしましょう。

また、公務員の場合はお中元を受け取ることは禁止されています。
病院の先生や学校の先生には、気軽に送り付けではかえって
迷惑になりますので、控えましょう。

仲人への贈答

仲人

結婚の時にお世話になった仲人さん家の贈答を行うのはマナーです。
お中元、歳暮の贈答をしない場合でも、仲人さんだけは3年間行うと
言うのは一般常識になっています。

しかし、仲人さんと言うのは親しい方にお願いするケースが多く、
3年で関係がきれるわけではありません。
続けてしまうと長く細く続けることになります。

私の場合は主人の会社の当時の部長にお願いしましたが、
会社の人間関係の中で「部長」にお願いするのが通例でしたので、
個人的な付合いがあったわけではなく、そのため相手の方から
「贈答はご遠慮します」というお言葉をいただきました。

1年目だけは、ご挨拶がてら品物を持参してお伺いしましたが、
その後退職されたということもあり、ご迷惑になってもいけませんので、
年賀状だけのおつき合いにさせていただいています。

家主の贈答

贈答

昔は賃貸住宅では、大家と入居者の関係と言うのはもっと
密接なものでした。

今は賃貸契約も業者を挟んでするような時代ですから、
大家の顔を知らないこともあります。契約の時に必要な金額は
お支払いしているわけですから、余計な贈答は基本的には必要ありません。

しかし、大家が同じマンションや近くに住んでいて、
毎日顔を合わせていたり、何かと面倒を見てもらっている場合は、
その感謝の気持ちを素直に表せばいいと思います。

私が以前住んでいた賃貸マンションは、
大手の不動産業者が仲介に入っていましたが、
大家さんが近所に住んでおり、とても建物を大切にされていました。

植木の手入れや清掃などを行っており、押しつけがましくないので、
知らない人が見れば清掃業者の方としか見えないのです。

それを知っておりましたので、帰省の折などに負担にならない程度の
お菓子を買ってきては渡していました。お世話になっている気持ちが
伝われば、お互いに気持ちよく住めると思うのです。

主人の会社関係

会社の同僚からの贈答

ご主人の部下から贈答品が来ることがあります。
基本的に目下の人からのお中元やお歳暮には、
日頃のお世話に対しての感謝の気持ちが入っているものなので、
お返しはしないことが一般的です。

その代わり、間違いなく届いているということの連絡と
お礼はすぐに言わなければなりません。

お礼状を出すことはもちろんのこと、目下と言えども、
こちらもお世話になっているわけですから、より良いおつき合い
をすることが大切です。

旅行先からおみやげを買ってあげたり、食事をそうしてあげるなど、
面倒を見てあげればよいのです。

主婦にとっては主人の人間関係ですので、直接何かをしてあげられる
わけではないのですが、実際に品物を選んだり送ったりしているのは、
部下の奥さんでしょうから、奥様に対するねぎらいの言葉をかけて
あげて自宅に読んであげてもかまわないでしょう。

しかし奥さんまで上下関係にならないように、
優しい態度で臨むべきです。

贈答品をいただいたとき

贈答品のお礼

直接、贈答品を持参された場合には丁寧にお礼を述べて品物を受け取り、
その後お茶お菓子で接待をします。

しかし、突然来られた場合は上がって頂く準備もできない
こともあるので、玄関先で対応しても構いません。

できれば暑い時期や寒い時期でもあるので、家の中でしばらく
休んでいただければ、話もできますしよいかと思います。
配達によるお中元を受けたときには、できるだけ早くお礼状だします。

いただいたままでほっておくと、品物が届いたのか
先方に余計な心配をさせることになります。
また電話で一言お礼を言ってもいいでしょう。

お礼状には、お礼の言葉だけでなく、いただいた物を
とても喜んだことを添えると、より感謝の気持ちを伝えることが
できるでしょう。

中にはいただく理由のないものや仕事関係で受け取ってはいけないもの、
公の職務についている人からの不正なものなどが送られてくる
場合もあります。

差出人の確認をせずに封を切ることのないように、品物が届いたらまず、
最初に送り先、中身について確認をすることが大切です。
また宅急便などで送られてくる場合は受け取りを保留することができます
返品するとかえって角が立つということもあります。
同額程度のものを見つくろってすぐに送り届けるようにします。

その場合でもまず丁寧にお礼を述べ、今後そのような心遣いがないように
という気持ちをはっきり伝えます。

送り状

送り状

贈答品と言うのは、正式には直接お宅へ伺い日ごろの
感謝の言葉を述べるとともに、手渡しするものです。

しかし、相手にも負担をかけることになりますので、
最近ではデパートからの配送などが一般的です。
しかし、宅配の人はこちらの気持ちまで伝えてくれるわけではありません。

品物を贈って済むわけではないので、日ごろの感謝を言葉でも
伝えるようにします。

電話でもいいですし手紙やハガキにしても構いません。
品物が届くよりも早くしましょう。最近の流通はスピード重視ですから、
デパートの配送の日付を計算しておかないと、品物の方が早く届くという
こともありますので、十分注意します。

また配送は早くて正確なのですが何らかの事故が起こる場合もあります。
品物と送り状別にしておけば、品物が届かないときの保険にも
なりますので、できれば別々にしておくことがいいでしょう。

私の場合、電話では相手に恐縮されてしまいますし、
かしこまった上手な言い方ができなくて緊張してしまいますので、
きれいなカードを送ることで代用させてもらいます。

手紙ですとそれなりに長い文章を書かなければならず、
内容に困りますが、カードでしたら洒落ていていただいた時にも
気持ちがいいものです。

喪中のときの贈答

贈答

基本的に贈答品と言うのは相手に感謝の気持をこめて贈るもので、
お祝いの品ではないので相手が喪中でも構いません。
ただし、あまり派手な包装紙や品物に気を使いましょう。

相手は気分が沈んでいる期間なので
「今年一年は、大変お世話になりました」などと書き添えましょう。
親しい間柄であったら、お見舞いがてら顔を見に
お伺いしてもいいのではないでしょうか。

自分が喪中の時にも贈っても構いませんが、喪中の家からの品物は、
あまり気分の良いものではありません。

こちらに不幸があったということは、相手もご存知でしょうから、
取りやめても失礼ではありません。私は喪中の時をきっかけに、
儀礼的であった贈答や年賀状を取りやめることがあります。

おつき合いは細く長く続けていきたいものですが、
すべての人間関係を残していては、膨大な量になってしまいますので、
よい整理のきっかけになります。

親や兄弟には?

親兄弟

基本的にお世話になった人に身内はいれません。
親族で助け合うのは当たり前のことだからです。

しかし仕事のことでお世話になっている、子供の面倒を見てもらっている、
遠くに住んでいてなかなか会う機会がないなど、日ごろからおつきあいの
機会を探しているのであれば、お歳暮やお中元を利用してもいいでしょう。
感謝のしるしを品物だけでなく言葉も添えて伝えます。

長くつき合わなければいけない関係ですので、儀礼的になれば
後のちやりとりが面倒になってくるかもしれません。
お世話になっているならば、そのつど気持ちを表しておいた方が
良いこともあるでしょう。

身近な家族の場合、一般的な贈答の機会よりも別の記念日を利用する
こともできます。ほかの人からの贈り物がない時期にする方が、
印象に残り喜ばれるかもしれません。

御中元と御歳暮は両方とも贈るもの?

お中元

お中元とお歳暮はそもそも意味が違うので、
セットで送る必要はありません。基本的にはどちらか1回で十分です。

最近ではどちらかというと1年の最後に「今年もお世話になりました」
という意味でお歳暮を送ることが多いようです。

また、実家でとれるものや産地直送のものなど、
季節ならではのものもありますので、年末にこだわらず相手の喜ぶ顔を
考えて送ればよいでしょう。

また慣例となっている贈答の場合、贈るものを決めてしまったら
とても楽なこともあります。本当に良いものでしたら、毎年同じものを
贈っても構いません。

またお歳暮で毎年同じものが送られてくることが分かっていましたら、
お正月準備のために楽しみに待っているということもあります。
喜ばれているなと感じられることが大切です。

お互いに意思が通じ合っていればいいのではないでしょうか。

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved