主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 長寿のお祝い

スポンサードリンク

長寿のお祝い

長寿の祝い

日本は世界でいちばんの長寿国です。少子化、高齢化は社会問題ですが、
しかし、自分の生き方を考え、趣味や仕事を持ち、老人というには
抵抗があるほど、元気なお年寄りも沢山おられます。

昔から日本では年齢の節目ごとに、長生きのお祝いをしました。
人生50年といわれていたころは、60歳を老人として
還暦のお祝いから始めたものですが、
60歳といえばまだまだ現役の社会人として活躍されている方も多く、
本人が老人として言われることを嫌がることもあります。

現在ではだいたい、77歳の喜寿を長寿の目安として
お祝いしています。お祝いの集まりなどは個人的なものですが、
市町村によっては敬老の日に、節目の年の人に特別な
お祝いの品が渡されることもあります。

親戚や近所の人が集まってお祝いの行事をしますが、
贈り物はその人の好みや趣味に合ったものも選んで喜んでいただける
ようにします。現金で用意する場合に金額の目安はありません。

これからも健康に気をつけて。さらに長生きを願って贈る。
大切なお祝いですから、心をこめることが礼儀です。

長寿

長寿の種類と、意味

60歳 還暦(かんれき)
暦のうえで干支が60年で一巡し、生まれた干支に
戻ったことを祝う。30歳を「半還暦」として祝うこともある。

70歳 古希(こき)
唐の詩人、杜甫の詩にある「人生七十古来稀なり」に由来する。
「稀」と「希」同義語で当時70歳まで生きることは稀である
という長寿祝いの言葉

77歳 喜寿(きじゅ)
「喜」の略字が、七十七と分解できるため

80歳 傘寿(さんじゅ)
「傘」の略字が、八十と分解できるため

81歳 半寿(はんじゅ)
「半」の字が、八十一と分解できるため

盤寿(ばんじゅ)
将棋の盤が、九×九 = 八十一 マスあることから

88歳 米寿(べいじゅ)
「米」という字が、八十八と分解できるため

90歳 卒寿(そつじゅ)
「卒」の略字が、九十と分解できるため

99歳 白寿(はくじゅ)
「百」の字から「一」を取ると「白」になることから

100歳 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)
その字のとおり、百歳を迎える祝い。

108歳 茶寿 (ちゃじゅ)
「茶」の字が、十、十、八十八」と分解できるため

111歳 皇寿(こうじゅ)
「皇」の字を、「白」の字が九十九(百の上の一を取ると白になる)
「王」の字が一と十と一に分解され、たすと111になることから

川寿(せんじゅ)
「川」が111と読めるため

111歳以上 珍寿(ちんじゅ)
これほどの長寿は珍しい事から

119歳 頑寿(がんじゅ)
「頑」の字を、左側の「元」の字が二と八、右側の「頁」の字が、
百と一と八に分解され、たすと119になることから

120歳 昔寿(せきじゅ)
「昔」の字を、上の字を十と十、 百に分解され、
たすと120になることから

大還暦(だいかんれき)
2回目の還暦を迎えたことになるため。

長寿

厄年

厄年とは、人の一生のうちで災にあいやすく、
慎み深くすごさなければいけないとされる年齢のことです。
平安時代の公家社会で盛んに行われており、
その後、武家社会や庶民に広まったと言われています。

現在では寿命も伸び、食べるものや環境、医療の進歩によって、
昔の人とは健康状態が違いますので、厄年にこだわる人も
少なくなってきています。

しかし、ちょうど厄年の頃の年齢というのは、
社会的にも立場が変わったり、肉体的に変化のある年頃です。
科学的には何の根拠もない風習ですが、日頃はあまり気にとめなかった
角度から自分自身のチェックをするのもいいでしょう。
自分の体の調子を見直すには、適当な時期なのかもしれません。

人間ドッグに入って精密検査をしたり、体力測定を受けてみても
いいのではないでしょうか。

土地によって、「数え年」や「満年齢」で行うなど、
少しずつ年齢の違いがあるのですが、一般的には、
男性は25歳、42歳、61才の3回、
女性は19歳、33歳、37歳の3回と、されています。

男性でいえば、就職・昇進・退職。女性でいえば
就職・結婚・出産・更年期といった時期です。

厄払い

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved