主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 記念日のお祝い

スポンサードリンク

記念日のお祝い

結婚記念日

結婚記念日

結婚記念日を祝うのは、もともと欧米の風習です。
毎年祝うのではなく、5年、15年、25年、50年などの周期で
行われていました。

日本では明治天皇が結婚25周年の銀婚式をお祝いされた
ことがきっかけで、広がったといわれています。

もともと日本人はお祝いことが好きでしたので、
結婚1周年を祝う紙婚式から毎年いろいろな記念日が加えられ、
その名称にちなんだ品物贈る習慣があります。

特に1年目の結婚記念日は、あの夫婦にとっても
特に感慨深いものでしょう。お互いの生活習慣がようやく分かり、
二人でいることに慣れてくるころではないでしょうか。

早く子供を授かったカップルにとっては慌ただしくなるところですが、
仲人や両親など、結婚に際してお世話になった方々に
お礼と共に近況報告をするのにちょうどいい季節であります。

自分たちのお祝いではありますが、自分達だけの行事としてではなく、
別居している両親に電話や手紙で、無事に記念日を迎えることができる
お礼と感謝の気持ちを伝えるとよいかもしれません。

また、年数が立ってくると夫婦の気持ちは黙っていても通じ合うと、
お互いに思いがちです。しかしお互いの愛情というのは何年たっても、
思いやりの心を言葉に表す必要があります。

日本人は愛情表現を、言葉に表すのが苦手だともいわれていますが、
言葉にできないのならば品物でも手紙でも、今時ならメールでも
構わないのではないでしょうか。

相手が分かってくれると甘えていないで、素直に気持ちを
伝えたいものです。

結婚記念日の名称と贈り物

結婚記念日の贈り物

■結婚記念日の名称と贈り物
1年目  紙婚式  アルバム、本、日記帳 など
2年目  綿婚式  衣類、ハンカチ、タオル など
3年目  革婚式  革製品(バッグ、ベルト、靴) など
4年目  花婚式  鉢植え、花束、花のつくもの など
5年目  木婚式  苗木、木の置物、お盆 など
6年目  鉄婚式  フライパン、鍋 など
7年目  銅婚式  銅の鍋、食器 など
8年目  青銅婚式  インテリア小物 など
9年目  陶器婚式  花瓶、食器 など
10年目 錫婚式 花瓶、食器 など
11年目 鋼鉄婚式 日曜大工用品、ゴルフ用品 など
12年目 絹婚式  絹製品、衣類 など
13年目 レース婚式 ブラウス、衣類、敷物 など
14年目 象牙婚式  印鑑、アクセサリー など
15年目 水晶婚式  アクセサリー、置物 など
20年目 磁器婚式  食器 など
25年目 銀婚式   アクセサリー、食器 など
30年目 真珠婚式  アクセサリー など
35年目 産後婚式  アクセサリー など
40年目 ルビー婚式 アクセサリー など
45年目 サファイア婚式 アクセサリー など
50年目 金婚式  アクセサリー、食器 など
55年目 エメラルド婚式 アクセサリー など
60年目 ダイヤモンド婚式 アクセサリー など

銀婚式・金婚式の祝い方

老夫婦

結婚25年くらいは、結婚してすぐに子供ができた夫婦の場合、
そろそろ、その子供達が成人して一人に人前になろうと
しているころです。

成長したのは子供達だけでなく、子育てをして一つの家庭を
築き上げていくことで、夫婦としての二人も大きな成長を遂げた
といえます。

また、子育て中心の生活から脱皮して、ほっと一息つける時期でも
あるわけです。ゆっくり今後の人生を考えられるようになった夫婦も
いるでしょう。

銀婚式の前にもいろいろな結婚記念日がありますが、
毎年、結婚記念日を盛大に祝っているかはその家庭によって
さまざまだと思います。

しかし25周年という大きな節目は、当人達よりも子供達が中心となって
祝うケースが多いようです。また夫婦だけで祝うよりも
家族や子供達に祝ってもらった方がさらに喜びも一段と大きく、
家族信頼を深めるいいチャンスなのではないでしょうか。

25年歳月の中には穏やかで楽しかった思い出だけでは
ないかもしれません。夫婦が長年、ともに波風を乗り越えて
助け合ってきたことの尊敬や賛辞を中心にお祝いの気持ちにしましょう。

また、夫婦が釣れ沿って50年目のお祝いが金婚式です。
この記念日を迎える夫婦は、高齢になっていて、早く結婚していても
70歳前後になっています。

平均寿命が伸びてきている昨今とはいえ、
夫婦がそろって金婚式を迎えられるということは、
とてもおめでたいことです。

また金婚式を迎えられたとしても、どちらかが病気をしていたり、
気持ちが弱っていたらお祝いという気持ちにはなれません。

だからこそ、そろって金婚式を迎えられたということは、
とてもおめでたいことなのです。子供や孫たちが中心になって
お祝いをしてあげたいものです。

お祝いには金一封を贈ることが多いのですが、家族旅行をするとか、
親しい人招いてホームパーティーを開くなど、印象に残るような
記念の計画をたてると喜んでもらえるでしょう。

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved