主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 葬式のマナー

スポンサードリンク

葬式のマナー

葬式とは

人が亡くなると、お葬式をあげます。
人の死とは予測ができないもので、たいていの場合は
慣習に沿った儀式としての葬式を執り行うことになります。

結婚式よりもはるかに宗教儀式としての色が濃く残っていますが、
お葬式をする理由は次のように考えられています。


1・近親者の死を心理的に受け入れ、決別するための区切りとして行う
2・宗教的な観点から、死者の霊を慰める意味で行う
3・死亡届を出すなど、行政手続きを行い、社会の一員として
存在しなくなったことの後始末を行う。


ひと昔前では、自宅で通夜・葬式を執り出棺を見送りましたが
最近の住宅事情の中、通夜から出棺までを一貫して葬儀社に
託すことが多くなってきました。

たいていの人は葬式事情に慣れておらず、
また、悲しみの中取り乱していることも多いので、
プロの業者に任せることで集まって下さった人々にも失礼がなく、
スムーズに執り行えるようになっています。

また近年では人々の考え方が多様化しており、セレモニーとして
の葬式は、簡略化される傾向にあります。宗教離れも広がっており、
生前の故人の遺志で身内だけで簡潔に済まされたり、
生前葬など元気なうちに身近な人々を集めたりすることもあります。

いずれの形にせよ、人一人が亡くなるということは、
周囲の人々の深い悲しみの誘い、それでもなお遺された人々は、
社会の一員として、生活していかなければならないので、
トラブルなどが起こらぬよう簡潔に済ませていかなければなりません。

葬式

葬式の準備

葬式をあげる場合、宗派によって流れが少しずつ違いますが、
しなければならない準備は以下のようなものです。
臨終後にすぐに葬儀社と連絡を取り、後の流れはすべて
葬儀社の方で滞りなく進んでいくことが多いようです。


1.臨終後の対応
2.親戚、関係者への死亡の連絡
3.葬儀社への連絡
4.遺体の搬送と安置の手配
5.葬儀場の手配(寺、神社、教会への連絡)
6.納棺
7.通夜・葬儀の支度
8.死亡届の提出
9.通夜・葬儀の連絡
10.弔辞の依頼
11.葬式時の役割分担の計画
12.供花・供物の受け取り、来客対応の準備
13.出棺準備

葬式

通夜とは

通夜とは本来、仏教の行事の一つで、葬儀の前夜に夜通しで
故人の成仏を祈る儀式のことを言います。

お釈迦様の入滅後に、悲しんだ弟子たちが遺体の周りに集まり、
夜通し説法を行ったことから始まったと言われています。
通夜には、遺族や親族、故人と親交のあった知人などが参列し、
故人の冥福をお祈りします。

また、葬式とは突然の行事ですので、平日の日中に参列できない
場合もあります。それほど親しくなくても、
通夜の方に弔問に行くことも多くなってきています。

神式では、「通夜祭」「遷霊祭」
キリスト教では「前夜祭」などと言います。

宗派によって、故人の魂が、成仏できるように
お祈りをする方法が違うのですが、どの宗派でも魂をいたみ
参列者が一同にそろって執り行われます。

通夜

通夜に参列する場合

宗派や葬儀場によって、受付の時間が決められていることがあるので、
ご遺族や親しい方に確認しておきましょう。

たいていの場合、午後6時ごろから?9時ごろまでと
受付の時間に幅がありますので、こちらの都合に合わせて
駆けつければよいとされています。

受付では一礼しお悔やみの言葉を述べます。
受付の方はご遺族ではない場合が多いので軽く黙礼のみでもかまいません
式場内では、小声で知人などにあっても黙礼する程度に控えめに
しておきます。

御家族にお会いしたときは、手短にお悔やみの言葉を述べます。


 「このたびは御愁傷様です」
 「大変、お気の毒でございました」


大げさな表現をせず、極力短めに淡々とした表現で済ませるようにします。
不幸が重なるといわれる。重ね言葉・・・


「重ねる」「重ね重ね」「くれぐれも、」「再三」「また」「たびたび」
など、死の直接的な言葉である「死ぬ」「死亡」などは、イミ言葉と
されています。

ご遺族と話すときはもちろんのこと、知人との会話の中でも、
使わないように気をつけましょう。

通夜に参列

香典

香典は通夜の受付で出します。日の告別式に参列する
場合にも先に出し、告別式の方は記帳のみとします。

急なことが多いので、新札を出すと用意していたかのようで
かえって失礼に当たると言われています。

しかし、礼儀として、あまり汚れていないお札を用意しましょう。
袱紗(ふくさ)ごと受付の台に出し、受け取る人から見て
証明になるように、両手で持って差し出します。

受付がない時には、遺族が世話役に手渡しますが、
何かとあわただしく、そういうきっかけの得られない時には、
拝礼の後、霊前に供物台があることが多いので供えてきても
かまいません。

いろいろな宗派や地方の慣習がありますので、
他の参列なさった方にお尋ねしてみても良いでしょう。

参列の服装

通夜の場合は、取り急ぎ駆けつけることもあるので、
派手な色合いや格好でなければ黒にこだわる必要はありません。

葬式の場合は、女性は黒のフォーマルスーツなどで極力肌を隠す。
デザインの服をバックや靴、ストッキングも黒に統一しておきます。
アクセサリーは光るものは避け、立場によっては着けない方が無難です。

忘れがちなのが、ハンカチですが必要になることが多いので、
白が地味な色の無地のものを、余分の枚数用意しておきましょう。

男性の場合は、黒の礼服か、地味な色のダークスーツを。
ネクタイだけは、無地の黒色にしましょう。

子供を連れて行く場合は、白いシャツに地味な色のスカートやズボンを
合わせます。制服のある場合は制服が正装となります。

葬式

子供連れの参列

子供連れの葬式に関しては「けがれが移る」などとして敬遠される
地域もあるようですが、基本的には親しい人が亡くなった場合、
子供でも最後のお別れをする権利があります。

しかし、葬式の集会には、地域や家ごとに様々なものがあります。
宗派のしきたりよりも、地域からの慣習の方がいろいろあるようです
ので周囲の方がどのように行動されるかをよく見て判断した方が
良いようです。

大人よりも子供の方が「死ぬ」ということに関して敏感なので、
必要以上に感情的に取り乱してしまうこともあるかもしれませんし、
また、小さい子供が場違いな行動をとってしまうことも考えられます。

何かと葬儀の席は厳粛であり、大人がそれぞれに用事が多いので、
子供としては持て余す時間が多いのは事実です。

身内の場合は、参列して当然なのですが、他人の場合でしたら、
適当な理由つけて、子供は参列させない方がよいこともあるでしょう。

弔電

お世話になった方や知り合いが無くなっても、すぐに駆けつけられない
ときもあります。すぐに弔電の手配をしましょう。

弔電は電話で申し込む方法とインターネットで申し込む方法があります。
NTTの「115」で受け付けていますが、インターネットだったら、
代表的なメッセージの文例もあり、台紙を見て選ぶこともできるので
便利です。弔電を打つときのあて名は喪主が決まりです。

もし、喪主の名前がわからないときには、故人の名前を書き
「御遺族様宛」としてもかまいません。

NTTの電話受付の方でしたら、いろいろなパターンの例がありますので、
相談に乗ってもらえるでしょう。出来れば宗派を確認しておきます。

葬式用の言葉で、日常的に使っている。
「ご冥福」や「供養」などは、仏教用語です。
ご遺族は、悲しみにくれている最中ですので、
あまり直接的な言葉は使わず、表現に気を使いましょう。

弔電

供物、供花

供物や供花を贈る場合は、通夜の席に間に合うように当日の午前中、
葬儀の場合は前日に届くように手配します。

使う花屋や店に特に場所と時間を念入りに発注しておかなければ
なりません。宗教や宗派、また地域によってしきたりが違うので、
通夜・葬式の行われる地域の業者にお願いした方が
間違いが少ないかもしれません。

仏教ではお線香を焼香します。神式では、榊(さかき)を手向け、
キリスト教では献花をします。現金を包むのがいちばん無難なのですが、
香典袋の表書にも違いがありますので、やはり確認はして
おかなければいけません。

たいていの場合、葬儀社が取り仕切っているので、
御家族ではなく、葬儀社の方に問い合わせてみれば、
間違いなく教えていただけます。

もし、どうしても分からなければ、一般的な不祝儀袋か白い封筒に、
「御花代」として用意しておくと良いでしょう。

香典の表書

香典を入れるのに用意するのが不祝儀袋です。
宗教によって、表書や袋の模様が違うので選ぶ時には注意がいります。
水引の上に、表書を下の中央に氏名を書きます。


<仏式>
一般的な日本の葬儀は仏式が多いので市販されているものの、
ほとんどが使用できます。無地のものや、ハスの花の入っている
ものがあり、水引も銀色や白黒など多様です。
表書は「御霊前」「御香典」「御香奠」「御香料」などを使います


<神式>
白無地に銀色の水引を使用。
表書は「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御神饌料」などを使います


<キリスト式>
白無地か、淡い花柄の封筒。水引、のしは必要ありません。
表書はカトリック、プロテスタントともに用いられる)
「御花料」(が一般的。カトリックの場合「御ミサ料」でもかまいません。


<相手の宗教が分からない場合>
白い無地の封筒に「御霊前」とします。
文字は薄墨で書きます。マジック、ボールペンサインペン、
または他の色のものなどは、使いません。不祝儀用に薄墨の筆ペンも
市販されていますので、1本は準備しておきましょう。

訃報を受けたら

訃報を受けたら、基本的には出来るだけ直ちに駆けつけなければ
なりませんが、おつきあいの度合いや立場によって、
気をつけなければいけないこともあります。

近親者や特に親しい間柄であれば、まず遺族に向かって一礼し、
お悔やみを述べた後、お手伝いを申し出ます。

人手が足りているような場合は、お通夜の時間を確認し、
再び出直すようにします。

お通夜の前にとりあえず駆けつけるときは、服装や香典の準備が
必要ありません。また、あくまでも遺族に対する訪問と考え、
直接故人との対面は、御家族に勧められた時のみで、
勝手に行動してはいきません。

対面する必要の無いときは、お断わりしてもかまいません。

焼香

香典の金額

香典の金額に決まりはありませんが、結婚式などより
はるかに出費の度合いは多いと思います。
お悔やみ事だけは多少遠い間柄でも包みます。

お付き合いの度合いや立場によって包む金額は変わりますが、
近年では葬儀費用も高額で、急な出来事なので故人への供養は
もちろんのこと、遺族への葬儀費用を負担するという
意味合いも強くあります。

また金額は相手の年齢よりも自分の年齢によって相場が決まってきます


<勤務先の上司・同僚・部下、またはその家族など関係者>
20代…3千円?5千円
30代…5千円?1万円
40代…5千円?1万円
50代…5千円?2万円

<友人・知人、またはその家族>
5千円?1万円

<ご近所>
3千円?5千円

近所の慶事・弔事

葬式

「遠くの親戚より近くの他人」という言葉があります。
最近は新しい新興住宅地が集合住宅も多く、近所付き合いの感覚が
昔より薄らいでいると言われています。

しかし、慶事より弔事においでは特に急に起こる出来事ですので
近所の人のお世話になることもあります。

自分の家の緊急時にお世話になることもありますので、
近所で御不幸があったときには、できる限り力になって
あげたいものです。

近所で不幸があったときには、回覧版などで早急に訃報が回され、
お手伝いが必要かどうか、香典を取りまとめるかなどの話になります。
自治会に入会されているのならば世話係などに尋ねてみると良いでしょう

地域によって、かなりしきたりが違います。
地域の伝統が色濃く残り、自分たちのやり方と全く違うということも
ありますので、土地の人に聞くことが必要です。

親族の場合、嫁ぎ先ならまず嫁ぎ先のご家族の指示に従っておきます。

ちなみに自分で葬儀の司会者をするご家族はほとんど無いと思いますが、もし金銭面などどうしても親族内の誰かを司会に立てて進行しなければいけない場合は、とても参考になる記事です。
葬儀司会者になるために一番必要な事を現役司会者に聞きました!

法事のマナーを知りたいなら

49日や一周忌など法事の参列マナーはまた葬儀とは少しだけ変わってきます。どんなお花を持っていけばよいのか?参列者が集まる中での正しい挨拶の仕方から故人への供物として必要な供物料相場などいろいろなことについて詳しくまとめられているサイトです。

法事・法要まとめ

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved