主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 結婚式のマナー

スポンサードリンク

結婚式のマナー

会費制の披露宴

最近は余計なお祝い金に気を使わせないように、会費制のパーティーを
開くカップルもあります。出席者全員でお金を出し合って、
新郎新婦を招待し、二人をお祝いするという形であったり、
また結婚するカップルが、簡素なパーティーで感謝の気持ちを表したい
という形式のため、会費以外のお祝いを用意する必要はありません。

負担にならない程度の小さな贈物や花束などを用意すると
喜ばれるでしょう。正装する必要はないと書かれていても
お祝いの席ですので、あまりにも普段着では失礼にあたります。

ご本人たちが簡素な式を挙げたいという希望があるのならば、
どの程度のお祝いをして上げれば良いのかは、
出席者の間で相談してみてもいいでしょう。

結婚式

結婚式の服装

参列者の服装は、白・黒はタブーとされています。
白色は花嫁の純白のウェディングドレス、黒は喪服を連想させるからです

しかし、他人の結婚式のために、わざわざ結婚式用のドレスを
新調する必要もありません。今はブラックスーツでもフォーマルなものも
ありますので「喪服」に見えないように、アクセサリーを
ゴージャスにするなどの工夫しましょう。

個人の好みの問題で、シンプルにまとめたいという気持ちも
あるのでしょうが、お祝いの席では結婚するご本人たちやご家族に
気持ちよくお祝いの気持ちが伝わらなければいけません。

黒はタブーという常識がまだ浸透している以上、
いくら上質のものでも黒一色では失礼になりますので考えましょう。
また白もタブーとされています。

しかし、白によってもアクセサリーやデザインによっては、
清潔で控えめな雰囲気を出すこともできます。
要は花嫁を立てるということが基本なので、色にこだわるよりも
デザインや雰囲気を合わせるということです。

また既婚女性は身内の結婚式でしたら、黒留め袖を着てもかまいません
しかし、黒留め袖を着ていると、かなり親しい身内と見られますので、
間柄を考えて、色留め袖にしておいた方がいいかもしれません。

ドレスを着た女性

子供連れの出席

子供まで披露宴に招待して頂くというのは、とても親しい間柄だと
思われます。身内の場合、幼くでも出席するのが当然なのですが、
親しい間柄であっても、他人の場合は、極力子供は控えるのが気配りです

結婚式は相手を二人でされるのではなく、
あちらのご家族や親戚の方が集まる場だということを
わきまえておきましょう。

最近では託児サービスのある式場も増えていますので調べてみましょう。
招待者との関係で、お子さんもぜひと言われたら、
喜んで出席させていただきましょう。

その場合、いろいろな事態を予測して子供から目をはなさないで、
何かがあったらすぐ退席できる。心づもりもしておかなければいけません
出入り口付近に席を用意してもらうなど十分な相談をしておきましょう

披露宴での、ゆったりした時間の流れは子供にとっては苦痛なものです。
じっとしていられないことも、予測し、基本的には中座ができない
ということを事前によく言い聞かせておかなければいけないし、
迷惑にならない程度の遊び道具を用意しておくことも必要でしょう。

また、同じテーブルや周囲には、知らない人や子供の動きに過敏な人が
いるかもしれません。披露宴が始まる前に、
ご挨拶を済ませておきましょう。

子供は興奮して具合が悪くなるということもあります。
当日、急に欠席しなければならないことは、会場にも迷惑がかかりますので、
出席するとなれば、体調管理には気をつけておくのは基本です。

しかし、どうしても当日、欠席しなければならなくなったら、
大至急ご本人と、会場の方にも連絡を入れます。お詫びの手紙を添えて、
当日包む予定だった御祝い金を送ります。

直接お届けできない場合は現金書留でもかまいません。

子供

ご祝儀袋の選び方

今は市販されている結婚のお祝い様のご祝儀袋にも
いろいろな種類があります。自分の好みと相手の雰囲気を合わせて
選ぶのは楽しいものです。

ご祝儀袋は送る金額と水引や装丁の豪華さを見合ったものを選びます。
一般的には、送る金額の100分の1の値段の祝儀袋を
選ぶとされています。

100円ショップでも装丁の豪華なものもありますし、
その判断は難しいものですが、たいていのご祝儀袋には
中に入れて目安の金額が書かれていますので参考にしましょう。

ご祝儀袋の金額よりも渡し方の方が大事です。
結婚のお祝いと言うのは、事前に準備ができるものですから、
しわだらけのお札や購入して祝儀袋のビニールに入れて
持って行くことのないように必ず袱紗(ふくさ)を用意します。

祝儀袋

ご祝儀袋の表書

最近では祝儀袋の種類も沢山出ていますし、お祝いの内容にあった
言葉も最初から書かれているものもあります。

また、パソコンで印刷することもできますが、基本的には心をこめて
自筆で書くのが基本的です。お祝いの場合、毛筆でサインペンなど
濃い黒のものを使います。

ボールペン、万年筆の黒以外、薄い黒は失礼にあたります。
また文字は崩さずに楷書体で書きます。水引の結び目の上に、
上書きを中央下に名前を書きます。

名前はフルネームで連名で書く場合には、立場や年齢の上の人が中央、
左側に順番に下位になります。地位や年齢に、関係がない場合は
五十音順で書き、3名位を限度にしておきます。

人数が多くて書ききれない場合は、代表者の氏名を中央に書き、
左側に「外一同」と書きます。

全員の氏名は別紙に書いて中包に入れておきます。
また、会社名や肩書き等を記入する場合は、
氏名の右肩に小さめに記入します。

市販の祝儀袋には中袋がついています。
お札は新札を用意して中袋には金額と住所、氏名を必ず書いておきます

お祝い金を集計するときに、お札のなかから抜き取る場合が
ありますので、もし、わからなくなっても、金額と渡した
人の名前を確実にしておくためです。

金額は漢数字を使うことが一般的でしたが、難しい方の漢数字を使わなく
簡略の字体を使ってもかまいません。

祝儀袋

ご祝儀の額

もしも披露宴に招待されたら、お祝いをお金として包んでもって
いくのが常識です。披露宴の場合、フルコースの食事が出ることが
ほとんどですので半分は自分の食事代です。

もしも会費制だったり、立食パーティーなど通常と形式の違う
パーティーの場合は招待状にその旨が記載されていますので、
お祝いの金額は適宜判断しましょう。

お祝い金額の目安はお祝いをする相手とのおつき合いの
深さで変わります。

しかし、経済的に苦しいところを無理する必要はありません。
お祝いの気持ちが相手に伝わり、今後のより良い関係が続いて
いけばよいのです。

しかし、儀礼的な付き合いで出席しなければならない関係もあります。
その場合は、世間の平均的なところを出しておくのが無難でしょう。
昔から割り切れる偶数は、お祝いごとには避けられてきました。

奇数を基本とすると1万円か3万円なのですが、ホテルなどの
フルコースでは食事代だけでも1万円を超えるのが常識ですので
3万円が目安です。

中高年の社会的地位から、今の立場で結婚式に出席する場合、
ほとんどが目上の立場ですので3万円を包む場合が多いようです。

しかし、正直、子育てをしている真っ最中の世帯で、
主人の部下の結婚式が続くなど、お祝いで3万円というのは
かなり高額です。

我が家でも会社関係の結婚式が続くときは、かなり苦しい経済状況に
なりますので、正直、よほど親しい部下でない限りは、
何かの理由をつくり披露宴には欠席させていただき、
お祝い金を渡すことにします。

お祝い金の場合、1万円でもかまいませんし、
「2=ペア」と考え偶数でも構わない考え方になってきています。

家族で披露宴に出席する場合のお祝いは、夫婦だと5万円が
相場と言われています。子供の場合は、席を設けてもらえる
年頃でしたら、大人の半額を包みます。

中学生くらいになると、大人と同じ食事が用意されることも
ありますので、プラス2万円だと考えておきましょう。


◆会社関係者
会社の上司    3万円?5万円
会社の同僚    3万円
会社の部下    3万円
取引先       3万円


◆身内、友人
兄弟姉妹     3万円?10万円
甥・姪        5万円?10万円
いとこ        3万円?5万円
その他の親類   3万円?5万円
友人・知人     3万円

祝儀袋

披露宴に招待されていない場合

主婦になると、披露宴に招待されているわけではないのですが、
結婚のお祝いをする機会はとても多くなります。

ご近所付き会いで、友人の子供や近所の娘さんなどが
結婚する話を聞くと、何もしないわけにはいきません。
お話を聞いたらお祝いを用意しましょう。

あまり早くに高額のお祝い送ると、披露宴の招待に
気を使わせることにます。相手とのおつき合いの深さにもよりますが、
結婚式の少し前か挙式後に、先方に届くように
手配するのがよいでしょう。

親しい間柄でしたら希望の品をお祝いにしてあげるのもいいでしょう。
金額にするのでしたら、5000円から1万円ぐらいが目安です。
商品券などでもいいでしょう。

若い世代と自分の好みとは違いがありますし、
必要なものは人それぞれ違うので、あまり自分の好みに
こだわった品物は避けておいた方が無難しれませんね。

ケーキ入刀

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved