主婦のための一般常識マナー講座・トップへ > 季節の行事

スポンサードリンク

季節の行事

国民の祝日一覧

祝日

内閣府ホームページより(http://www.cao.go.jp/)

元日(1月1日)
※年のはじめを祝う日。

成人の日(1月の第2月曜日)
※大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする
青年を祝いはげます日。

建国記念の日(政令で定める日)
※建国をしのび、国を愛する心を養う日。

春分の日(春分日)
※自然をたたえ、生物をいつくしむ日。

昭和の日(4月29日)
※激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす日。

憲法記念日(5月3日)
※日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日。

みどりの日(5月4日)
※自然に親しむとともにその恩恵に感謝し豊かな心をはぐくむ。

こどもの日(5月5日)
※こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに
母に感謝する日。

海の日(7月の第3月曜日)
海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日。

敬老の日(9月の第3月曜日)
※多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し長寿を祝う日。

秋分の日(秋分日)
※祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日。

体育の日(10月の第2月曜日)
※スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう日。

文化の日(11月3日)
※自由と平和を愛し、文化をすすめる日。

勤労感謝の日(11月23日)
※勤労をたっとび、生産を祝い国民たがいに感謝しあう日。

天皇誕生日(12月23日)
※天皇の誕生日を祝う日。


■ 平成19年(2007年)の国民の祝日
1月 1日 元日
1月 8日 成人の日
2月11日 建国記念の日
3月21日 春分の日
4月29日 昭和の日
5月 3日 憲法記念日     
5月 4日 みどりの日     
 5月 5日 こどもの日
7月16日 海の日     
9月17日 敬老の日    
9月23日 秋分の日     
10月 8日 体育の日   
11月 3日 文化の日           
11月23日 勤労感謝の日
12月23日 天皇誕生日   


※2月12日、4月30日、9月24日及び
12月24日は休日となります。


■ 平成20年(2008)の国民の祝日
1月 1日 元日
1月14日 成人の日
2月11日 建国記念の日
3月20日 春分の日
4月29日 昭和の日
5月 3日 憲法記念日     
5月 4日 みどりの日     
 5月 5日 こどもの日
7月21日 海の日     
9月15日 敬老の日    
9月23日 秋分の日     
10月 13日 体育の日   
11月 3日 文化の日           
11月23日 勤労感謝の日
12月23日 天皇誕生日   
※5月6日及び11月24日は休日となります。

成人の日

成人の日

二十歳の誕生日を迎えた人を成人といいます。
成人式は、地方公共団体や企業などが、成人に達した人々を
招きで祝福する行事です。

地方によって成人式の日程はいろいろですが、国民の祝日としての
「成人の日」は、1月の第2月曜日と決められています。

その目的は祝日法で「大人になったことを自覚し、
自ら生き抜くことすることを祝い励ます」とされています。
各市町村で開催される記念式典には男性はスーツ、
女性は振り袖を着ることが多いようです。

成人の日を境に世間的には大人として認められることになります。
大人として、様々な行事に参加することが多くなるので、
フォーマルな装いを「お祝い」としてそろえることもあるようです。

また、差し上げるときのお祝いは、現金や商品券も一般的に
なってきています。服装や持ち物にこだわりのある年代ですので、
自分の好みに合ったものを選んで欲しいという配慮からです。

親しい間柄でしたら本人に直接渡しますが、友人知人が
成人を迎える方の両親の場合、そちらに立派に育てられたことの
苦労をねぎらってお渡しします。

当日までに本人の手に届くように贈ります。

こどもの日

こどもの日

節句とは、日本古来より邪鬼を払うお祭りとして、
季節の変わり目に行われる行事の日を指します。
江戸時代に、上巳(じょうし)の節句として定められた5日があります。

1月7日七草の節句、3月3日桃の節句、5月5日端午の節句、
7月7日七夕の節句、9月9日重陽の節句です。

その中でも子どもの成長を願う祭りの日として、3月3日の桃の節句、
5月5日端午の節句は現代にも受け継がれている行事です。

桃の節句では女の子が優しく健やかに成長することを願い、
ひな人形を飾り祝います。端午の節句には、男の子がたくましく
健やかに成長すること願い、かぶと、武者人形、鯉のぼりなどを
飾り付けます。

また邪鬼を払う慣習として菖蒲湯に入ったり菖蒲酒を飲んだりします。
生後、初めて迎える節句を「初節句」といい、初七夕や(7月7日)、
八朔(8月1日)に祝う地方もあります。

初節句の雛人形や鯉のぼりなどは妻の実家から贈られ
盛大に祝う風習があります。

ひな祭り

ひな祭り

昔の中国では3月3日が忌日とされ、
汚れを払うために水辺で身を清める習わしがありました。
これが日本に伝えられ、平安時代に紙の人型を身代わりとして清め、
川に流すようになりました。

この風習がさらに当時の子供たちの遊びと結びつき、
今のひな祭りの原型ができ上がったと言われています。

今ではひな祭りは「雛の節句」とも「桃の節句」ともいわれる
女の子のお祝いの日となり、女児のいる家庭で、女の子が美しく幸せに
なれるようにと願いを込めます。

雛人形は段飾りのものが主流でしたが、現在はそれぞれの
住宅事情があるので、お内裏さまとお雛様だけの親王飾り、
団地サイズと呼ばれるケース入りのものなど多様化してきています。

2月下旬には飾りつけ、ひな祭りの日には片付けてしまうのが通例です。

また、お雛様を飾らない年は不吉なことが起こる、
ひな祭りが終わっても飾ったままでいると嫁入りが遅れるという
言い伝えもあります。

この3月3日までに片付けないと嫁入りが遅れるという
言い伝えは有名なものですが、実際にはそれより早くに祭りをする
こともないので、3月3日が平日だったり、天気が悪かったりすると、
なかなか直ぐには片付けられないものです。

しかも我が家の場合、女の子と男の子が両方いるので、
節句の飾りは、お雛様を片付けたらすぐ5月人形を出すことになります。
片付けてあるスペースが同じで結構大きな段ボールなので、
出し入れの作業は大変です。

そこでちょうど間を取って、4月に入ってから春休みのお天気のいい日に
入れ替えをしています。いずれ娘がその言い伝えを気にすることが
あるかもしれませんが、1年に1ヶ月弱の出番ではお雛様も可哀想なので、
しばらくの間楽しむように言い聞かせています。

端午の節句

端午の節句

3月3日が女の子の節句であるのに対して、
5月5日を男の子の節句の日としています。

「端午の節句」とも「菖蒲(勝負)の節句」「重五の節句」とも
言われます。

3月3日は平日なのですが、この日は「こどもの日」として、
国民の休日に定められています。子供達が明るく健やかに育つように
子供の人格を尊重し、その福祉を図るのがねらいです。

男の子のお祝いの形として、家の中では床の間などに
段飾りの5月人形・武者人形・甲飾り・鎧飾りなどを飾りつけます。
また屋外でこどもの日のシンボルといえば鯉こいのぼりです。

鯉のぼりは江戸時代の武家で始まり、旧暦の5月5日までの
通夜の時期の雨の日に男の子の出世を願って、庭先に飾られた
鯉の絵柄の「幟(のぼり)」の事です。「さつきのぼり」ともいいます。

現在では新暦の5月5日まで飾られ、雨の日には美しく
たなびかないので避けられています。童謡のテーマなどにもなり、
青い大空を悠々とたなびくイメージがあります。

また、勝負=菖蒲にかけて、勝負ごとに強くなれるように、
菖蒲の葉を枕の下に敷いたり、風呂に入れて菖蒲湯に入ったりします。
菖蒲には魔よけの力もあるとされています。

このころは新緑の季節でもあり、ゴールデンウィークの中でもあります。
家族ぐるみでハイキングや旅行に出掛けるのも一つのお祝いの方法です。

節分

節分

節分と言うのは、もともと立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを
言いました。したがって、1年に4回、節分の日があるのです。

中でも立春は、昔から年の変わり目として特に大切に考えられてきたため、
また、厳しい寒さを越えて春を待ちわびてきた気持ちを表す行事として、
今では節分といえば立春の前日の2月3日を指すようになりました。

節分には新春を迎える清めの意味が込められていますが、
邪気を払い厄を落とそうとした中国の行事が原型で、
それが平安時代に伝えられ、日本でも宮中の年中行事として
行われるようになったということです。

風水などの東洋のエネルギー論においても、
この節分を境に地球を取り巻くエネルギーに変化が起きるとされています。

豆まきは陰陽五行論に由来するエネルギー論が深く関わっています。
陰陽五行論で豆は、その形と色から金性をあらわします。
金性は肺炎や風邪などの疫病をあらわします。

豆まきには炒った大豆を使用しますが豆を炒るためには火を使います。
「火が金をやっつける」という相関関係が信じられていて、
炒った豆を外にまいたり、食べてしまったりすることで、
「病気をやっつける」ということを象徴化しているものなのです。

豆まきの大豆は夕方までに用意しておき、暗くなってから一家の主人か、
その年の年男がまきます。家中の窓を開け放して鬼の逃げ道を作り、
「鬼は外、福は内」と大声で唱えてすぐに扉や窓を締めきります。

巻き終わった後、福豆と呼ばれる煎った大豆を食べます。
福豆は、自分の年の数より一つ多く食べ、その年は災難に合わないと
言われています。

柊の枝にイワシの頭を刺して、門柱や軒下につける地方もあります。
これは近世以降行われるようになったもので、魔除けのためです。
鬼の嫌いな柊のトゲと鰯の臭気で鬼を退散させようとしたものです。

最近では「恵方まきの丸かぶり」という儀式もひそかに人気を呼んでいます
節分の夜に、その年の恵方を向いて太い巻き寿司を丸ごと切らずに
無言で食べると、1年間幸福に暮らせるというものです。

恵方には歳徳神というその年一番パワフルな神様がいるといわれています。
これは大阪の商人の街として知られる舟場あたりで、明治の初め頃から
始まった行事だという説が有力なようです。

海苔業者が海苔の消費拡大を狙ってキャンペーンをしたことがきっかけで
拡がり始めたと言われています。節分の日は「のり巻きの日」でもあります。
巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」という理由からきていて
「その年の良縁を切らない」ために包丁などで切らないで
まるごと食べるようになったようです。

バレンタインデー

バレンタインデー

2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされています。
その歴史はローマ帝国の時代にさかのぼり、兵士たちの婚姻が
禁止されていた時代、キリスト教司祭だった聖バレンタインが、
ひそかに兵士を結婚させていたことがばれて処刑された日が
2月14日だったと言われています。

この逸話には宗教の解釈をめぐる歴史的背景が必要で、
聖バレンタインに関する伝説も複数伝えられています。
欧米では、花・お菓子・カードなどを恋人に送り習慣があり、
男女を問わず愛を伝える日となっています。

チョコレート恋人に贈る習慣はイギリスで始まったといわれていますが、
女性からのみ贈り、贈る品物がチョコレートに限定されているのは、
日本ならではの習慣です。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1が2月14日に
消費されると言われるほど、国民的行事として浸透しています。

また、日本では女性から男性にのみ贈ることが通常とされているので、
バレンタインデーから派生し、1ヶ月この3月14日に男性から女性へ
お返しのプレゼントをする「ホワイトデー」の習慣も広まりつつあります。

彼岸

彼岸

お彼岸は、春分と秋分の日の前後3日間の合計7日のことを言います。
春分(3月21日)の彼岸のことを「春の彼岸」、秋分(9月23日)の
彼岸のことを「秋の彼岸」といいます。

国民の祝日に関する法律によれば、春分の日は自然をたたえ生命を慈しむ日
秋分の日は先祖を敬い亡くなった人をしのぶ日と定められています。

彼岸は極楽浄土を意味し、太陽が真西の方角に沈む秋分、秋分の頃に
極楽浄土が光示され、極楽へ至るとされる仏教の行事です。

仏教を信仰されているご家庭では、彼岸の入りの日に仏壇を掃除し
新しいお花とお水を備え、あんこを包んだ和菓子を用意します。
また精進料理なども備えて死者の供養をします。

仏壇には朝夕明かりをともして線香をあげて拝み、
またその時期にお墓参りをし祖先の霊を拝み墓石の清掃をします。

『おはぎ』と『ぼたもち』 

両方とも、もち米をあんこでくるんだ和菓子のことです。
ご先祖様を供養する彼岸の時期に、仏様にお供えするのが、
「おはぎ」や「ぼたもち」で小豆が邪気を払うと言われています。

実は名前が違うだけで、まったく同じ食べ物です。
季節によって呼び名がちがうのです。
ぼた餅は牡丹が咲く春の彼岸頃の名前。
牡丹の花に見立てて、ぼたもちと言われます。


対して、おはぎという名前は萩の花が咲く秋の彼岸の頃に使います。
萩は秋の七草の一つです。小豆の粒が萩の花の咲き乱れる様に見立て
お萩といいます。

うるち米を主にしたものや、もち米を主にしたもの。
米粒を残すか半分つぶすか。こしあんにするか粒あんにするか。
あんで包むかきなこをまぶすか。その形は大きさは…。

地域や季節、材料や形など、一概には言い切れないほど
たくさんの種類があります。

敬老の日

敬老の日

敬老の日は長年の間、社会に貢献し活躍してこられた方々の労をねぎらい
長寿を祝うものです。

現在では平均寿命が伸び、社会全体が高齢化の傾向にありますので、
単に「老人を敬う」という日ではなく、日本の将来の高齢化社会における
さまざまな問題を考える機会となっています。

この日は国民の祝日でもありますので、各地方の団体や公共機関による
多くの催しがあり、ところによっては市町村からお祝い金王子や
祝いの食事などが贈られるところもあります。

お年寄りのいる家庭では、この日はお年寄りの好物を作ってあげたり、
家族でそろってお祝いの行事をすることが多いようです。
我が家もそうなのですが、住宅事情や生活感覚の差から
核家族が進む社会です。

お年寄りといっしょに暮らすことはもとより、近所つきあいの中でも、
お年寄りと接する機会のない子どもも多くいます。

この日をきっかけに家族や血統のことを考えたり、
またボランティア活動に携わってみるのもよいのではないでしょうか。
実際には私の親世代は60?70代前後で、まだまだ元気で
老人扱いされる事をいやがります。

また、70に近くてもまだ敬老会のなかではお世話をする方の立場
だったりします。高齢化社会は本当に身近なところに迫ってきているのです。
元気にボランティア活動などを楽しんで行っているうちは、
健康でいられることを感謝し、大袈裟なお祝いの席にはせず、
家族があつまって食事会をする程度にしています。

母の日

母の日

母の日は、日頃の母の労をねぎらい感謝を表す日です。
日本やアメリカでは5月の第2日曜日に決められていますが、
世界では様々な日で行われています。

元々、アメリカで提唱されたもので教師として働いていた
アンナ・ジャービスという女性が、彼女の母の命日に白いカーネーション
を配ったことから始まったと言われています。

その時の大統領が、この日を「世界で最も良い母である
あなたの母に捧げる祝日」と名付けこの習慣が世界中に広められました。
この日は母の健在な人は赤いカーネーションを母をなくした人は
白いカーネーションを胸につけるという習わしがあります。

最近では、カーネーションにこだわらず、季節柄バラやガーベラも
好まれるようになっています。毎日、顔を合わせている身内の母親に
感謝の気持ちを表すのは、心で思っていてもなかなか口にしたり
伝えたりしにくいものです。

一年に一度でも、世間で決まった日があるときっかけにしやすく
日頃の感謝、敬愛の気持ちをきちんと伝えたいものです。
この日には、お花ではなくても贈り物をすることが多いようです、

お母さんが日頃、欲しそうしているものを普段から気にしておいたり、
それとなく聞きだしておいてもいいでしょう。

父の日

父の日

一家の大黒柱として家族のために働いてくれていることへの
感謝の意を表し、また今後の健康を願って激励を兼ねたお祝いを
するのが父の日です。

アメリカで提唱され、日本でも6月の第3日曜日に決められています。
アメリカワシントン州のドット夫人という人が、男でひとつで
自分を育ててくれた父への感謝の気持ちを彼女の父の誕生日の6月に
礼拝したことがきっかけと言われています。

当時すでに母の日が広まっていたため、たいして父の日のあるべきだと考え、
父に感謝をする日になりました。

母の日にカーネーションを贈るのに対してバラの花を贈るとされています。
母の日と比べると一般的な行事とは言えないのですが、日頃の感謝の気持ち
を表すきっかけとしては良いでしょう。

日本では男性に花を贈るということはあまり定着していないので、
プレゼントや行いで表すことが多いようです。

一般的に父親は母親に比べると子どもたちと接する時間が短いものです。
日頃忙しくて、あまり深く家庭の行事に参加していないお父さんのために、
家庭サービスの日として、家族とのふれあいを深めるように
楽しい計画をしたいものです。

七夕

七夕

七夕(たなばた・しちせき)は節句のひとつで7月7日の夜のことです。
元来、中国の行事であったものが奈良時代に日本に伝わり、
もとからあった伝説と合わさって生まれた行事です。

天の川の両岸に住む彦星と織姫の二つの星を恋人に見立て、
7月7日の夜に年にたった一度の逢瀬を楽しむという伝説を見立てた
星祭りが主なものです。

地方によってお祭りの方法は様々ですが、全国的には短冊に願い事を書き、
笹の葉に飾ることが一般的に行われています。

女性の機織、裁縫、お習字、音楽などの腕が上達するように
お願いしたことから、短冊に書くのは芸事の上達とします。

東北の仙台や関東の平塚、小田原など街をあげて盛大に祝う
お祭りもあります。七夕祭りが終わったら、笹飾りは8日の朝に
川に流すというのが昔からの風習でしたが、
今では川にものを流すのは違法ですのでゴミとして処分します。

クリスマス

クリスマス

12月25日にイエス・キリストの降誕を祝うのがクリスマスで、
キリスト教徒にとっては1年のうちで最も重要な行事です。
キリスト教徒の少ない日本ですが、宗教に関係なく一大イベントとして
定着しています。

イエス・キリストの誕生は25日で前夜祭の24日が盛り上がるのは
日本ならではの光景のようです。店舗には早々にツリーや
飾り付けが施され、師走の慌ただしさと重なって大にぎわいとなります。

クリスマスプレゼントは親しい者同士が贈るものですが、
クリスマスが年の暮れにあたっていることからお歳暮代わりに
することもできます。

もみの木のクリスマスツリーに豪華に飾り付けをし、
「ケーキとローストチキン」というのが定番のクリスマスの風景です。

私の家では住宅事情により、大きなツリーを飾るスペースが
ありませんので、壁にクリスマスリースを飾り楽しんでいます。
クリスマスリースの由来については諸説あります。

魔よけや宗教的意味合いの強いものと、麦の穂、ブドウの蔓、
松ぼっくり、リンゴなどの作物に関係するものがあります。
現在では、魔除けとしてよりも、装飾として
広く楽しまれているようです。

ハーブやスパイスで作ると、見ても楽しめ香りが心身をリラックス
させてくれます。 『リース』という言葉はそもそも『輪』を意味し、
ギリシャ・ローマ時代に花や枝、葉などで作った丸い輪を
酒宴で用いたり、賞として授けたりしたことに起源します。

輪は終わりがないことから、永遠を意味し、生命・幸福が
いつまでも続くようにという願いが込められています。

Copyright © 2007 主婦のための一般常識マナー講座 しゅふまなー.com. All rights reserved